本文へ移動

令和5年度 気になる子への保育勉強会

今年度も「より学び合える勉強会」を開催します。
 
  日々の保育の中で気になる子への対応や、具体的な支援方法を考えて試してみたけど「これで良いのか」と悩 んでいませんか。困り感や悩みを共有し互いに学び合える勉強会を4回の連続講座として開催します。事例をも とに、気になる子への見立てや支援策を検討し効果を確認しあうことで、次の保育につながる勉強会を目指して います。今年度もZoomを使用してのオンライン開催となります。下記のようにご案内申し上げますので、ご検 討のほどよろしくお願いいたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 
勉 強 会
年 間 予 定
  第1回  令和05年 6月 9日 ( 金 )

      テーマ 「 気になる子の姿 ・・・ 一斉活動が苦手 」
          入園・進級から2か月気になる姿が見えてきました

      内 容 : モデルケースの事例を読み取り、気になる子の姿を見立て、
            支援策を考える (基礎)

  第2回  令和05年 7月 7日 ( 金 )

      テーマ 「 気になる子の姿 ・・・ 切り替えが苦手 」
          気持ちが切り替わらず園生活のリズムが難しいです

      内 容 : モデルケースの事例を読み取り、気になる子の姿を見立て、
            支援策を考える (発展)

  第3回  令和05年 9月 8日 ( 金 )

      テーマ 「 気になる子の姿 ・・・ 行事参加が苦手 」
          クラスの仲間も共に育ち合える行事参加の配慮は・・・

      内 容 : 事前に募集した受講生の事例より代表事例について支援策を探る
               ※ 募集方法は後日お知らせします

  第4回  令和05年11月10日 ( 金 )

      テーマ 「 支援策の実践報告 」

      内 容 : 第3回の支援策の実践を持ちより、効果について検証し、振り返りを行う
            (まとめ)

開催時間
 18:45 ~ 20:15
講  師
   守  巧     ( こども教育宝仙大学 こども教育学部  教授 )
開催の趣旨

   令和05年度は 「より学び合える勉強会」 になります。
 
   本研究部会では、事例から学んでいく姿勢を大切にしています。今年度の勉強会も気になる子
  の保育研究部会で作成したモデル事例をもとに、記録からの読み取り・見立て・支援策の策定まで
  ケースワークで具体的に学びます。後半は参加者の実際事例を取り上げ、実践で生かせる力を目
  指します。
   ぜひ4回連続でのご参加をおすすめします。

受 講 生
 気になる子への対応や気になる子がいるクラスの保育に困っている現場の保育者
 気になる子の保育について共に学びたい保育者、養成校学生、どなたでもご参加ください。
費  用
  5,000円  ( 消費税込・4回分・初回に徴収させて頂きます )
定  員
  30名    ( 先着順 定員になり次第締め切らせていただきます。 )
申込の締切

  令和05年 5月19日 (金)
 
 申  込 
及び
問 合 先
     公益財団法人 幼少年教育研究所
   〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-2-15-410
      電話:03-3208-8671(代表)  FAX:03-3208-8672
      E-Mail: yosyoken@abelia.ocn.ne.jp
TOPへ戻る